オフィスレイアウトで作業効率が上がったケースとは

仕事をする上で作業効率はとても大事になります。今まで1時間かかった仕事が40分でできるとすれば、わざわざ残業をしなくて済むかもしれません。特に残業代が出ないような会社の場合には、できるだけ残業をせずに帰宅をした方が良いでしょう。時間を有効に使うという意味でも作業効率はとても重要なのです。作業効率を徹底して追求した例としては、今まで残業ばかりだったのに、効率化をしてからは全く残業をしないようになった会社があります。全く残業をしないから仕事がなくて暇なのだろうと思う人もいるかもしれませんが、実際はそのようなことはなく、普通に忙しいのです。定時に帰宅することができる割には黒字なのです。この例を考えると、作業効率がいかに大事なのかが分かるでしょう。作業効率を上げるためにはオフィスレイアウトが重要になります。

ちょっとした色使いを変えてみる

オフィスレイアウトは、デスクの配置ばかりに目が行ってしまいますが、それ以外にも色の効果の重要になります。色にはそれぞれ効果がありますので、その場所に適した色を配置することで、目に見えない感じで作業効率が良くなります。色の効果としては、まず紫色があります。紫色は、けばけばしいイメージがあるかもしれませんが、実は集中力をアップする色でもあるのです。作業効率と集中力は大きく関係ありますので、紫色をオフィスに配置してみると良いでしょう。ただし、壁紙をすべて紫色にするのはセンスが悪いです。怪しいオフィスになってしまいます。それよりも、ホワイトを基調にして、薄紫が入った壁紙にするなどの場合であれば、効果が見られるでしょう。また、紫色の花をおいたり、ブースを紫色にすることで効果を上げることができます。

オフィスレイアウトとしての机の配置の仕方

オフィスレイアウトで重要なのは、机の配置になります。何気なく机が並んでいる光景を目にしても、実はそれなりに意味のある机の並べ方なのです。一般的なオフィスと言えば、複数の机が向かい合っている光景を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。この配置の仕方は、事務をする場合に最適です。向かい合うことで、書類を渡すのが容易になり、わざわざ席を立って歩く必要はなくなるのです。また、はんこを押してもらう場合も短時間で簡単にできます。一方で、ブースに囲まれているオフィスを見たことがある人も多いのではないでしょうか。一人ぽつんとブースに囲まれているのは、その人がオフィスの中で嫌われているということではありません。集中力を発揮する場合には、ブースで囲み、視界を狭くする必要があるのです。