オフィスレイアウトのやり方がわからない方へ

オフィスレイアウトを考えるにあたり、どのようにすればよいのか見当もつかないという方もいらっしゃることでしょう。オフィスレイアウトは、その善し悪しで、働く人たちの効率を上げる場合もありますが、下げることにつながってしまう場合もありますから、経費的な部分にも絡むことになります。さらに、企業のイメージにも関係してくる重要な部分になりますので大切な問題です。こちらでは、効率的かつ効果的なオフィスレイアウトを考えるうえで、働く人たちが最も多くの時間、居住することになる執務エリアについて、作業効率が上がる方法について考えます。さらに、各スペース(受付・エントランス、役員スペース、ミーティングスペース等)にどのようなものを求めていったらよいのかについても考えます。

執務エリアのオフィスレイアウトについて

執務エリアは、働く人々にとって、長い時間を過ごす場所です。人によっては、家にいる時間よりも長い方もいることでしょう。ですので、執務エリアが快適であればあるほど、効率が上がり、経費節減にもつながるはずです。一口に、執務エリアと言いましても、働く人の職種はさまざまな場合が多いかと思います。管理部門の方もいれば、営業の方もいらっしゃいますし、作成や設計を行っている方もいることと思います。いずれにしても、個人のスペースの大小が、作業効率に直結しますので、スペースを確保するために、個人所有の書類や備品を減らして、共有化を図ることができます。また、コミュニケーションをより重視する職種と、作業に集中することが必要な職種のレイアウトを変えることによっても作業効率を向上させることができます。

その他のスペースのオフィスレイアウトについて

執務エリア以外にも、オフィスには、様々な用途に使われるスペースがあります。例を挙げてみると、受付・エントランス、役員スペースや、ミーティングスペースもあります。受付やエントランスですが、こちらは、お客様が最初に訪れ、会社について知る場所ですので、その会社の企業イメージを損なわないものにする必要があります。そして、役員スペースですが、単に会社のトップや役員が仕事をするだけの場所ではなく、重要なお客様をお招きする場所ですので、動線も考えた場所にするとともに、調度品や観葉植物なども、機能面だけでなく、質を重視したものを配置することが大切です。さらに、ミーティングスペースですが、オフィス全体のスペースに余裕がない会社であれば、様々な用途に使用できるよう、フレキシブルな家具配置や移動のできるものにするとよいでしょう。