オフィスレイアウトを改善して経費削減

オフィスレイアウトを改善すると経費が削減できると聞いて、具体的にどのように経費が削減できるのだろうと思われる方も多いと思います。今や、経費削減は、企業の喫緊の課題ですので、対外的なことではなく、社内でできることで経費削減ができれば、こんなに良いことはありません。オフィスレイアウトの変更で目指したいのは、作業効率の向上です。作業効率が上がれば、総労働時間が抑えられて、人件費も抑えることができますし、なんといっても、働く人たちの満足度が高まることでしょう。その効果は意外な方向にも良い変化をもたらします。では、作業効率の良いオフィスレイアウトにするためにできることにはどんなものがあるのでしょうか?作業効率を良くしたオフィスレイアウトの意外な効果とは何なのでしょうか?

作業効率の上がるオフィスレイアウトのためにできること

オフィスレイアウトを変更するとなると、いろいろなことが関係してきますし、オフィスレイアウトを変更するための資金もなかなか用意できない会社様も多いことでしょう。そのような制約の中でもできることをいくつか取り上げてみましょう。一つの点として、在席率の低い営業職などをフリーアドレス化することができます。このようにして、営業職の方がより機動的に、能動的に動くことを可能にできます。また、各部署で所持しているプリンターや備品類を共有化して、不必要なものを削減し、共有スペースに配置します。さらに、書類の重複などを調査して、書庫や書類棚の配置を見直します。これらのことを実施するなら、個人個人の執務スペースを広めにとることが可能になりますし、仕事に必要な書類や備品を素早く探せるようになります。

作業効率の上がるオフィスレイアウトの効果

作業効率の上がるオフィスレイアウトにすると、どんな効果が期待できるのでしょうか?一言で言いますと、経費節減です。では、作業効率の良いオフィスレイアウトがどのように経費節減に結びつくのか考えてみましょう。まず、備品や機器類の共有化・少量化により、各部署が負担していた保守メンテナンス料などをカットできます。また、在席率の低い部署のフリーアドレス化や書棚などの適切配置により、余分なスペースが生まれてくるはずです。そのスペースを集約して、返却すると、賃料が抑えられます。また、返却しないまでも、各人の執務スペースを広めにとることで、満足度が高まり、モチベーションが高まることでしょう。そのように働く人々が自慢できるような会社となると、企業イメージが高まりますので、広告料の削減できますし、さほどお金をかけなくても優秀な人材を確保することができるようになります。